残土資源化を推進する装置|AEDの設置にためらう現状|値段はかかるが購入しておいて損はなし

AEDの設置にためらう現状|値段はかかるが購入しておいて損はなし

作業員

残土資源化を推進する装置

工事

処分コストの節減に貢献

土木工事や建設工事の現場では掘削作業が欠かせない工程の1つとなっており、その結果大量の残土が発生します。この残土には金属やコンクリートくずなどのゴミがしばしば混入しており、そのまま処分しようとすると混合廃棄物扱いとなって相当の費用を負担しなければなりません。しかし、不純物をきちんと取り除けば、埋め戻しや宅地造成用の資材として資源化することができます。ただ、残土を資源化するためにはさらにもう1段階、土質改良と呼ばれるプロセスが必要となります。このプロセスを経た残土は改良土と呼ばれ、品質が安定していてさまざまな用途に利用できるとして人気があります。土質改良は、専用のプラントによる作業を必要とします。それが土質改良プラントです。

その場でリサイクル可能

土質改良プラントは、ふるいから土質改良に至る一連の作業を一括して行うことのできるプラントです。大型のものは定置式ですが、小型のものであれば自走式タイプもあります。自走式であれば手間をかけずに直接現場に持ち込むことが可能です。土質改良プラントを使用する際は、まず残土をふるいにかけて粒の大きさを一定にします。この時、異物が混入しないように注意する必要があります。そのため多くの土質改良プラントでは磁選機を組み入れて金属片などを取り除けるように工夫しています。次にセメントや生石灰などの固化剤を投入し、土と混ぜて練り合わせます。この工程を経ることにより、埋め戻し等に適した強度を持った、高品質の改良土を得ることができます。生成された改良土は、現場ですぐに使用することが可能です。