リサイクルは現場内で|AEDの設置にためらう現状|値段はかかるが購入しておいて損はなし

AEDの設置にためらう現状|値段はかかるが購入しておいて損はなし

作業員

リサイクルは現場内で

工事現場

適正な処理

建設現場で必ずといって良いほど発生するのが、自然石やがれき類などの産業廃棄物です。産業廃棄物は適正な処理が必要となり、守られなかった場合は違法な処理となってしまいます。ただし、廃棄するのみが処理ではなく、ガラパゴスとフルイ機をセットで活用した場合は、その場での処理が実現するのです。例えばがれき類には鉄やガラスと木材などが混ざっていますが、ガラパゴスで粉砕し、フルイ機によって分別が可能となります。このときのポイントは、高性能のフルイ機が大きな役割を担うことです。細かくなったコンクリートは路盤材としてリサイクルできるため、新たに購入する費用が大幅に削減できます。また、現場内で作業が完了しますので、運搬費用も併せて削減可能です。

セットで発揮する力

コスト削減につながるリサイクルは、機械をフル活用してこそ実現します。例えばフルイ機の代わりに手作業で行った場合、長期で見ると人件費のほうが上回ることもあるでしょう。ガラパゴスとフルイ機のセット利用が望ましく、どちらか一方をカットする購入費用の削減は適切といえません。また、ガラパゴスは高い性能が支持され、フルイ機がさらに効率を高めてくれます。ガラパゴスは唯一の存在ですので、ポイントとなるのはフルイ機の選び方でしょう。フルイ機は特殊機械の取扱店で販売され、インターネットを利用した情報収集もできます。特殊機械なので価格に注目しがちですが、まずは性能の比較が重要です。新規購入だけでなく中古やレンタルもありますので、価格の比較は後回しにしても構いません。