AEDの設置にためらう現状|値段はかかるが購入しておいて損はなし

ウーマン

普及へのネック

女性

価格が高い

AEDを見かける機会は多くなりましたが、設置が普及されていない要因の一つにその価格があります。欧米諸国と比較して3倍程度日本のほうが高いのです。そのため設置をためらうケースが増加しているのです。一つの施設に一台だけ設置すればよいものではありません。緊急を要するため、身近な場所に設置しなければ意味がないのです。そのため適切なAED処置の為には、適切な場所に設置しなければならないのです。値段は一台30万円です。これは購入した場合になりますが、複数台設置すると企業でもコスト増加につながってしまうのです。人命は値段に置き換えることはできませんが、コストはやはり安くしたいものです。安い機種も中には存在します。

レンタルがおすすめ

値段が安い機種の場合には、その機能が限定されている場合です。屋内設置と屋外設置では、防水などの機能が追加となるため、値段は高くなります。屋内に限定するなどにすることによって値段を抑えることが可能になります。しかしAEDはいざという時にもち運びすることができることが求められます。一分一秒を争う時を想定してできる限り軽量化されたものを選択することが望ましいのですが、その分価格も高くなってしまいます。購入ではなくAEDレンタルサービスを利用することも一つの方法です。購入より安くすることが可能なのです。レンタル会社などは複数存在するために、各社の見積もりを取るなどしてできる限り安く済ませるようにすることが最も大事なポイントです。

リサイクルは現場内で

工事現場

自然石やがれき類の現場内処理は、ガラパゴスとフルイ機のセットで実現します。細かく分けられた砕石とコンクリートが路盤材として再利用でき、大幅なコスト削減が可能です。コスト削減のポイントは機械を活用することで、購入をやめるような方法は避けましょう。フルイ機選びは性能の比較を優先するべきです。

View Detail

事故を防ぐための安全策

クレーン

建設業界や工事現場などで重量物のつり上げや移動を行う際には、クレーンと呼ばれる大型機械が使われます。クレーンは稼働のたびに重い負荷がかかるため、年次点検と月次点検が法律で義務づけられています。手が回らない場合は信頼できる点検業者と専属契約を結ぶことで、クレーン落下などの重大事故防止につながります。

View Detail

残土資源化を推進する装置

工事

土質改良プラントは、土木現場や建設現場で発生する残土を改良土に変え、埋め戻し材などとして使用できるように品質を安定させるための装置です。異物を排除し、セメント等の固化剤と練り合わせることで強度を高めます。

View Detail